2023年2月 無料講座・おしゃべり会

☆講座内容☆

・忘れっぽくてせっかくやった宿題を提出せずに帰ってくる
・友達とうまくコミュニケーションがとれない
・頑張って勉強しているに成績は下がる一方
・中学や高校卒業後の進路選び、どうしよう
・思春期にさしかかり、反抗的で接し方に悩む

そんなお悩みや心配ごとはありませんか?

本人はめいっぱい頑張っていても特性のためにどうしてもできないことや理解されないことが多い発達凸凹っ子です!!
親もそんな子どもの姿を見ていると、とても悲しくなりますよね。でも一番辛くて悲しい思いをしているのは、凸凹っ子本人達なのです!だって発達凸凹なのは脳の機能障害なのですから・・・

今回そんな発達凸凹っ子を持つ中高生ママ達のためのおしゃべり会を企画しました。同じようなお悩みを持つママ達とざっくばらんにお話ししませんか?

我が家には3歳まで言葉がなかった中学3年生の凸凹っ子がおります!
療育や家庭学習を通してずっと息子と向き合ってきたからこそ、お子さんとの関わり方や捉え方など何らかのヒントをお伝えできると自負しています。

【自己紹介】

大1・中3凸凹男子の母
なやっぽサポーター
マザーズコーチングスクール認定マザーズティーチャー
トラストコーチングスクール認定コーチ

思春期バトルが絶えなかった長男との関係や発達がゆっくりの次男の子育てで悩み、長い暗黒時代が続いていました。コーチングに出会い、物事をポジティブに捉えられるようになったことで少しずつ自分らしく前向きに生きられるようになりました。


☆講座内容☆

絵本がお子さんにとっていいものであることは、皆さんご存知かと思いますが、いざ、読み聞かせをしようと思うと、どんな絵本を、どんなふうに読んであげたらいいのか、迷うことはありませんか?

0才から3才くらいのママ向けに

.絵本がなぜいいのか

.絵本の選び方、読み方

.絵本との関わり方について、

小笠原の男女3人の子育て中の、絵本にまつわるエピソードに基づいてお話し、絵本についての疑問を解消して、
おうちで、気軽に、お子さんに絵本を読んでみたくなるようなヒントをお伝えします。
お子さんとの時間が少しでも楽しくなるきっかけにしてもらえたらと思います。

◯こんな方へ参加をオススメ

絵本を読んであげたいけど、難しそうと思ってる方

絵本の読み聞かせ、どんなふうにするといいのか知りたい方

お子さんとの絵本の楽しみ方を知りたい方

【自己紹介】

1964年生まれ、愛知県清須市在住

大手スーパーの教育職を、出産を機に退職、専業主婦に、27歳から22歳、男女3人の子育ての大変な時期を絵本に助けられて乗り切る。

東海豪雨の被災経験から、地域の繋がりの大切さを実感、未就園の親子の居場所作りとしての交流会を18年に渡り開催しながら、絵本の素晴らしさを伝えてきた。

子育て、介護も一段落した今だからこそ、伝えられることがあると思い、活動中。

公式LINEご登録済みの方のお申し込みはこちら!

個別子育て相談をされたい方はこちら!

なやっぽの部屋

おしゃべり会&無料講座

公式SNS

PAGE TOP