#54 冬のなやっぽweek2023へのご参加ありがとうございました!!

代表 橋爪のつれづれ。「なやっぽのゴールはなやっぽのような活動がなくなるくらい、ママが自分らしく安心して子育てができる社会。」そこに向けてたった1人でも、たった一瞬でも、ママが安心できるように配信していきます。

とても素敵な時間を過ごさせていただきました。
いつもやろうと思いながらできなかった内容も今日から始めよう!と、とても前向きな気持ちになりました。

色々な素敵な気付きもあり、今日からの子育てにワクワクできそうです。
我が子が20歳になったときのビジョンは漠然としていましたが、これからの子供との向き合い方を前向きに考えるとてもいいきっかけにもなりました。
ありがとうございました。

参加者様からのご感想より

幼稚園のことで、誰に聞いたら良いのかわからない悩みでしたが、話すことですっきりしたのと、
ベテランの先生たちからのアドバイスがあり、とても親身になってお話を聞いてくれて嬉しかったです。

モヤモヤが晴れて、気持ちよく幼稚園に通わせることができそうです。

参加者様からのご感想より

今回は初めましての方も多く、北海道からのご参加もありました!
オンラインというなやっぽの強みを実感できて嬉しかったです✨

また、3月の愛知県半田市でのイベント打ち合わせでのご縁からご参加いただけたり、静岡県富士市では対面講座としてヘッドマッサージ付きの講座を開催できたりとサポーターがいる地域のママさんたちとつながる機会にも恵まれました。

今年度下半期のなやっぽのキャッチコピーでもある

会いに行く、会いに来てくれるなやっぽ

ここを目指してみんなが動いてくれているからこそ、新しい動きが出てきている気がしています。

ちょうどこのweek真っ最中に月一回の定例ミーティングがありました。
今年最後だということもあり、たくさんのサポーターの皆さんが参加してくださいましたが、そこでテーマになったのが、「本当に困ったり迷ったりしているママさんに届けるにはどうしたら良いか?」ということでした。

私自身、誰かに頼ったり相談したりすることが苦手で、今思えばもっと周りを頼ればよかったのに頼れなかったなと感じたからこそ、オンラインで手軽に参加できるなやっぽを立ち上げた経緯があります。

今日の講座に参加してくださったママさんもおっしゃっていましたが、ママにとって、自分の子育てや子どものことをさらけ出して話せる「安心の場所」はあまり多くはないのかもしれません。
生物学的にも、母親というのは子どもを守るために臆病になると言いますしね。

だからこそ私たちは「最初の一歩」の大切さも、大変さも理解しつつ、そのハードルをどこまでも下げていきたいと思っています。

なやっぽweekは終わりましたが、今月は愛知県半田市での対面相談会が22日に実施されます。
「ちょっと話したいな」を叶える場所として、今月もお待ちしています❤️

関連記事

  1. 【サポーター紹介】ママ達の心が軽くなるホッとする場所づくりを…

  2. 皆さん!!今年は何しますか?

  3. #27 新学期に不安なのは子どもだけじゃないこと、気付いてい…

  4. #7 親のきもち

  5. 【サポーター紹介】防災士の高木香津恵さん♡をご紹介します!

  6. みんないいものたくさん持ってる!

なやっぽの部屋

おしゃべり会&無料講座

公式SNS

PAGE TOP