#35 今年はパワーアップした『なやっぽweek』をたくさんのママたちへ

代表 橋爪のつれづれ。「なやっぽのゴールはなやっぽのような活動がなくなるくらい、ママが自分らしく安心して子育てができる社会。」そこに向けてたった1人でも、たった一瞬でも、ママが安心できるように配信していきます。

がんばることが多くなる夏休み前に、ママへプレゼントを

 もう子どもたちが大きくなってしまったので
「夏休みだから大変」とはあまり思わなくなりましたが、
幼稚園や小学生のママにとって、長期休暇は本当に大変です。

 毎日のお昼ご飯やお弁当、遊ぶ場所、宿題、自由研究などなど。

小学校低学年の宿題なんて、
半分親の宿題みたいなものじゃん・・・
とよくぼやいておりました笑


「夏休みは気合い入れないと!!!」と思っているママたちへ
ほんの少しでも、
夏休み前にエネルギーチャージできるような時間を提供したい
と思ったのが、
夏のなやっぽweekのきっかけでした。

さらに今回は、なやっぽだからこそできる講座を考えました。
それぞれのサポーターが
なやっぽならではのコラボをして
講座やおしゃべり会をしてくれます!!

↓↓ さらに、なやっぽの部屋は通常通り10日と20日リアルでは愛知県半田市にて28日に ↓↓
↓↓ 5月から新しくスタートしているこちらも! ↓↓
↓↓ そして7月から新しくスタートするこちらは7日!! ↓↓

七夕ですね❤️


このお片付けタイムは、基本的には毎月1回、みんなで一緒にお片付けをするだけの時間。
担当のさえこさんも「私も黙々とやります笑」と言っていました。

こういう時間が私は本当にお母さんには必要だなと最近思っていて。

ママたちと一緒に「自分を振り返る時間を作ること」

先日も、サポーターの小野貴子さんの講座がありました。

貴子さんはポーラの美容部員さんなので、
もちろんメイクのコツなども教えてくれたのですが、
メイクってママによっては毎日するものだったり、
そうでない人もスキンケアなどはゆっくりやりたいなと思っている方は
たくさんいらっしゃると思うんです。

今回は眉でしたが、
毎日こなしているたくさんのこと、
一つ一つに丁寧に向き合う時間て本当に取れない。

自分一人だと面倒だったり
もはや無意識にこなしてしまっていたり
そんな時間より子どもこと

と思ってしまったり。

自分のこと
家事のこと
なんて

自分だけ頑張れば解決してしまうから。

もっともっと
大切なことがあるような気持ちになってしまうけど

自分のことを
少し丁寧にできた時って
とても清々しい気持ちになれたりしませんか?

ママが嬉しいとみんな嬉しい

よく見かける言葉ですけど
本当にそうなんです。

家族のことを大切だと思った時ほど
自分が嬉しいことに時間を割きましょう。

それが家族に食事を作ることでも
自分の時間を作ることでも
そんなのどっちだっていいんです。

大切な家族のために
自分自身がご機嫌でいましょう。

そのための時間を
なやっぽで過ごしてくれたら嬉しいです。

毎日がんばっているママへ

関連記事

  1. 【サポーター紹介】現役保育士で土曜日のブログ担当のつぼいまゆ…

  2. 1人ではなかなか進まないお片づけ、月に一回、30分間だけ一緒…

  3. 【サポーター紹介】高梨アキさん

  4. なやっぽは文部科学省「家庭教育支援チーム」に登録されています…

  5. #52 「この人は好き」「あの人は嫌い」そんな簡単に白黒つけ…

  6. 家族優先で忙しいママでもたった1時間でも思考の整理ができる魔…

なやっぽの部屋

おしゃべり会&無料講座

公式SNS

PAGE TOP